定年後の田舎暮らしを快適に始める大切な条件とは?

暮らし

定年後に田舎暮らしを始める人がとても増えていますが、都会の喧噪から離れて静かな場所で残りの人生を過ごすのはとても素敵ですね。しかし今までずっと生活してきた場所から離れるのは多少の抵抗もありますよね。

定年後の田舎暮らしがなぜ注目されているのか、人気の理由についてまずは理解してみましょう。もちろん田舎に暮らしにはメリットもデメリットもあります。人生の中でも大切な決断をする時ですから、絶対に失敗しないように田舎暮らしを考えないといけません。

では憧れの定年後の田舎暮らしを始めるためには、どのような点に注意をしたらよいのでしょうか。これから新しい生活環境を作るには、快適に暮らせるように準備をする必要があるでしょう。

田舎暮らしをするメリット

憧れの定年後の田舎暮らしは、第二の人生のスタートとして人気があります。忙しく今まで仕事をしてきた人生もようやく終わり、定年後は田舎暮らしでのんびり余生を過ごしたいですね。

そこでまず考えたいのが田舎暮らしのメリットです。今まで住み慣れた街を離れてまでも田舎暮らしをする魅力はなんでしょうか。

最大の利点は自然が豊富であることです。都会の住宅街ではいくら頑張っても広い庭付きの一戸建てを購入することは困難です。自然が少なく、空気も汚染されているため健康面で見ても田舎暮らしのほうが安心ですよね。

また定年後の田舎暮らしでは、近所付き合いもそれほど意識することがないため、田舎でのんびりストレスの少ない人生が送れるのです。

田舎暮らしのデメリット

定年後に田舎暮らしをしたい夢を持っている方はたくさんいます。子供も成人して定年を迎える50代になったらいよいよ残りの人生を楽しむチャンスです。田舎暮らしはそんな夢を叶える為にも最適なプランですが、決して表面的に見える良いことばかりではありません。

定年後に田舎暮らしを始めると、まず不便になるのが交通手段です。車がないと買い物にも行けないよう地域で、今までのような快適な生活が送れるか不安になりますよね。

また学校や病院などの公共施設が離れていること、都会のようなショッピングモールや娯楽施設も少ないため刺激が少なくなります。最大のデメリットは今まで付き合っていた人達と離れてしまうという点です。

場所を決めるコツとは

定年後に田舎暮らしを始めるには、どこにするか場所選びをしないといけません。田舎暮らしは古民家を購入して暮らす場合や、リゾートマンションに住むなど、方法は様々です。

また物件を購入しなくても、賃貸で短期間だけ田舎暮らしの体験もできますので、不安な場合は、まずは短期間の田舎暮らしにトライしてみましょう。

のどかな場所は日本各地色々ありますが、実際に行って住んでみないとわかりません。また田舎暮らし専門の不動産に相談をして、場所をいくつか紹介してもらうことも必要ですね。

どんな場所にいくにせよ、多少はその土地の知識がないといけません。海が近いから、自然が豊富など、観光とは違いますので生活に適した場所を基準に選んでみましょう。

資金面での不安を取り除く

定年後の田舎暮らしはサラリーマン時代から夢を持ち続けている人も多いですよね。やっと定年を迎え、田舎暮らしができる時期を迎えても多少の不安が残ります。その最大の心配は金銭的な問題です。退職金や年金で余裕がある場合がいいのですが、多くの田舎暮らしの場合、仕事をして収入を得ないと生活ができない状態です。

自宅でできる仕事、もしくは求人が多い地域なども選ぶとよいでしょう。また田舎では農業や漁業、林業といった産業が盛んです。いきなり引っ越しをしてしまう前に、どんな仕事があるか調べておきましょう。

また専門的な免許があると優遇される場合は、定年前から資格取得のために準備をしておくことも必要ですね。

健康に注意すること

定年後の田舎暮らしは新たな人生のスタートとして、始めるには十分な準備が必要です。現在住んでいる家の処分、新しい土地での物件探しなど、とてもストレスの多い時期を過ごさないといけません。

でもそれも夢を叶える為ならば楽しみながらできますね。定年後の田舎暮らしで注意をしたい点は、一番大切な健康面です。

田舎では医療機関がすぐ近くにあるとはか限りません。また定年後の50代は、今までの生活パターンが変わるため体調を崩しやすくなります。残りの人生を楽しく過ごすためにはまずは健康であることが必要です。

病気をしがちな人や健康診断で問題がある方は、田舎に引っ越しをする前に必ず体調を整えておきましょう。

まとめ

定年後の田舎暮らしは空気の綺麗なところでのんびり生活してみたいですね。一生懸命働き続けた自分へのご褒美でもあります。田舎暮らしは誰でもできるものではありません。

便利さを重視して都会生活を好む方もたくさんいます。定年後の人生を楽しく過ごすためには、どんなライフスタイルを持ちたいのかよく考えてくださいね。田舎暮らしは決して国内だけでなく、海外で余生を過ごす人も増えています。何歳になっても新しいことにチャレンジする精神は大切です。田舎暮らしで、今まで気が付かなった自分再発見のチャンスになるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました